FC2ブログ
テディベアギャラリーの店主が探したり集めたりした「くま」が登場する絵本を紹介していきたいと思っています。
2018.10    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10.07.2011
comment:2
trackback:0
くまのコールテンくん
>> くまの絵本 / Theme:オススメの本 / Genre:本・雑誌
くまのコールテンくん

デパートのおもちゃ売り場で売られていた彼でしたが、はいているズボンのボタンが一つ取れてしまっていることから、売れ残ってしまっていました。

でも運命の出会いがやってきます。
そんな彼を心から気に入ってくる少女が現れるのです。

この絵本を読んで、くまのコールテンくんのどこまでも素直で前向きな考え方と、ボタンが取れていてもそのほころびには目もくれず、おそらくそんなコールテンくんのかわいらしさを見抜いて彼をを好きになった、というか、出会うべくして出会ったといった方がいいかな、そんな二人(?)を見ていると、こちらも優しい心になってしまうようなストーリーです。

新品じゃなくたって、一目見てもうこれしかない、って思える出会いのテディベア(に限らずぬいぐるみやお人形も)ってありますよね。

どうしてそれなの?
って聞かれても口ではなかなか説明できないんだけど、でもこれじゃなきゃダメ、これに出会ったからには連れて帰らないなんて考えられない(ペットを選びに行ったときもそんな気持になることありませんか)そんな出会いって経験したことありませんか?

この本を最初に読んだ時、私は私が作るテディベアも、世界中の誰か一人の人に「これじゃなきゃダメ」って思ってもらえるようになりたいな~と思いました。
ここまで誰かの心をとらえて放さないコールテンくんのような魅力を持っているテディベアだったら、この少女にとっては一生の友達になるでしょう。
言葉も話せないテディベアだけど、この少女の生きて行く人生の中で何かの時に心の支えになったりすることもあるでしょう。そう思うとなんだか私のテディベア作りに対するも気持ちが変わってくるような気がしました。

余談ですが、実は最初、ずいぶん昔でしたが私は洋書版の方を読みました。
クマの名前は

「Corduroy」

でした。そして後になって自分の子どもに読み聞かせるために日本語版を買ったら

「コールテンくん」

でした。

既にその頃、日本でもcorduroyは「コーデュロイ」という呼び方が浸透していたので、
私は「そのままコーデュロイくんのままでよくない?」なんて思ったんですが、この本が訳された頃はコールテン全盛期だったんでしょうね、うちの母だって今でも普通にコールテンって言うし。(^◇^;)







ドン=フリーマン
まつおか きょうこ
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
- / 04.06.2012 / [ EDIT
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
- / 05.02.2013 / [ EDIT
   
   


 内緒にする
http://teddybeargallery2.blog92.fc2.com/tb.php/5-976d68b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。